アメリカでの食生活について|エスタ申請代行サービス[ESTA USA]

グレートトラベル
受付時間/10:30~17:00
定休日/月・火(祝祭日を除く)

お支払いはクレジットカードとなります
VISA / Master Card / JCB

アメリカ入国に先だって、必ず申請と取得が必要になる『ESTA(エスタ)』。
このサイトではどなたでも日本語で楽々、『ESTA(エスタ)』を申請出来ます。

アメリカでの食生活について

アメリカでの食生活について

海外旅行や海外留学に行く際に、「食事」のことが気になりませんか?
口に合うだろうかという不安を持つ方いれば、美味しい物を食べたい!と張り切ってお店を調べる方もいます。
実際にエスタを申請してアメリカに到着した後、まずあなたは何を食べますか?
今回はアメリカの食生活についてご案内致します。

※この情報は変更することがありますのでご注意下さい。

アメリカ人の普段の食生活

アメリカ人も日本人と同じで、朝からしっかりと食事をする方もいれば、朝は全然食べられない方もいます。
日本の朝食と言えば、お米や味噌汁、焼き魚や卵焼きなどですが、アメリカではシリアルやヨーグルト、パンケーキやフルーツなどを朝食にする家庭がほとんど。アメリカのスーパーに入れば、たくさんの種類のシリアルやミルクが並んでいて、日本へのお土産にしても喜ばれるほど豊富です。

昼食は、日本でもアメリカでも、カフェやレストランで好きな物を食べる方を見かけます。日本の場合は何種類もおかずが準備されたお弁当を食べる方も多いですが、アメリカのお弁当はサンドウィッチとフルーツとスナック菓子などの簡単なメニュー。紙袋などに入れて持ち歩きます。

夕食は、日本と違い、料理をせずにデリを利用する家がほとんど。家庭で作るのはマッシュポテト程度などと言う家も少なくありません。旅行や留学中に、一度はデリを利用してみたいものです。

スイーツは、日本のものよりも味が濃いものや、甘いものが一般的。奇抜な色のスイーツも多く、その色に驚いてしまう日本人もたくさんいます。

気になる食事のサイズ

「アメリカのファーストフードは大きい。ドリンクのSを頼んだらLが出てきた」
そんな話をよく耳にしますが、実はこれ、本当の話です。アメリカでドリンクを頼むと、Lサイズとほぼ変わらないサイズのカップが渡されます。

アメリカのファーストフードのドリンクは、自由におかわり出来るため、Sサイズを頼んだ方がお得だと日本人なら思ってしまいますが、アメリカ人は最後にドリンクをカップに注いで持ち帰るため、Lサイズを頼む方がほとんどです。
ちなみに、アメリカのLサイズはマクドナルドで1,300ml。日本のLサイズは700mlです。もちろんドリンクだけではなく、ハンバーガーやポテトも大きなサイズ。
アメリカに行ったら、一度はファーストフードを利用して、日本との違いを比較してみたいものです。

アメリカの食事のカロリー

アメリカの食事は、一般的にカロリーが高いと言われています。確かに、味が濃く、油や砂糖もたっぷりと使われている料理が比較的多いのですが、そのような料理とは別に、ヘルシーなものもたくさん見かけます。 アメリカには、ビーガンやベジタリアンなどの菜食主義者もたくさんいます。カロリーを恐れるのではなく、カロリーの高いものを食べたり、低いものを食べたり、上手に組み合わせてアメリカでの食事を楽しみましょう。

グレース

アメリカの一般家庭に招待された時や、アメリカ人とレストランで食事した時に、食べる前にお祈りの言葉を聞くことがあるかもしれません。これは「主の祈り」で、食前の祈りになります。家のリーダーやグループのリーダーが、神様に食事や1日の感謝の言葉を言います。
宗派によって言葉が若干違うことや、アレンジされることもあります。また、信仰者でない方がいる場合には各個人が小声で行い、信仰者が気を遣わなくて良いように配慮することも。
よく、海外ドラマや洋画で見かける場面でもあります。アメリカ人と食事をすることがあるのなら、ぜひ体験してみたい事柄です。

アメリカの伝統料理

せっかくアメリカに行ったのなら、やはりアメリカの伝統料理を食べてみたいですね。
どのような料理があるか紹介致します。日本でも馴染みのある料理がたくさんありますので、ぜひ日本と比較しながら食べてみて下さい。

●ミートローフ
ハンバーグの生地を長方形の型に詰めて、オーブンで焼いて作ります。
●マカロニ・アンド・チーズ
ゆでたマカロニにチーズを絡めて食べる、子どもが大好きな料理です。
●ジャンバラヤ
いためた肉と、野菜、米をチキンスープで炊いたものです。
●チリコンカーン
豆とひき肉、チリパウダー。それにトマトやタマネギを一緒に煮込んだ煮込み料理です。
●ポークアンドビーンズ
豆と豚肉、それに野菜などを一緒に煮込んで作ります。
●キャセロール
かたい肉を、野菜と調味料と一緒に煮込んだ料理。ホットディッシュとも呼ばれます。
●ポークケチョップ
豚の骨付き肉を焼き、ケチャップなどで味付けしたもの。
●マッシュポテト
ゆでたジャガイモをすりつぶして、牛乳とバターを加えてなめらかにします。
●エッグベネディクト
半分にしたイングリッシュマフィンに、ベーコンやポーチドエッグ、ソースなどを乗せた料理です。
●アメリカンドッグ
日本でもおなじみのアメリカンドッグ。ぜひ本場のアメリカンドッグを召し上がって下さい。
●バーベキュー
アメリカ人はバーベキューが大好き。アメリカに友人知人がいる方は、バーベキューにご招待されるのでは?
●ピーナツバターサンド
子供たちがランチに持って行くのにポピュラーな食べ物で、トーストしたパンにピーナツバターとジャムの両方をたっぷりと塗りサンドします。
●ルーベンサンド
ニューヨークの定番。ライ麦パンにコーンビーフとチーズ、ザワークラウトをはさんでグリルします。
●グリルチーズサンド
パンにチーズをはさみ、グリルしたサンドウィッチです。