ライフスタイルと人生観|エスタ申請代行サービス[ESTA USA]

グレートトラベル
受付時間/12:00~17:00
定休日/月曜日・火曜日
(祝日の場合は営業)/年末年始

お支払いはクレジットカードとなります
VISA / Master Card / JCB

アメリカ入国に先だって、必ず申請と取得が必要になる『ESTA(エスタ)』。
このサイトではどなたでも日本語で楽々、『ESTA(エスタ)』を申請出来ます。

ライフスタイルと人生観

ライフスタイルと人生観

アメリカ人のライフスタイルや人生観は、日本人と比べるとやはり違いがあります。アメリカに行ってから驚かないよう、前もってアメリカ人のライフスタイルを確認しておきましょう。ライフスタイルを知ることで、イメージ通りの事もあれば、イメージと違う、知らなかったと思う事もあるかもしれません。

アメリカ人の衣服
アメリカでは、冬でもTシャツにジーパンと言う方をよく見かけます。暑い地域の方だけではなく、雪降る地域の方も厚手コートの下はTシャツと言う薄着の方が多いです。
これは、車で移動する方が多く、移動した先は暖房が効いているため厚着をする必要性を感じないからです。特に太目の方ほど冬でも半袖を着ている方が多くなります。
そのため、冬場にアメリカから来る観光客は、驚くほど薄着の方が多いですが、彼等にとってはそれが普通のことなのです。

アメリカ人の食生活
アメリカ人は、日本人よりも外食をします。家によっては、朝はシリアル、昼はそれぞれ学校や職場でホットドックやハンバーガーを食べ、夜は外食。と言う家庭も珍しくありません。アメリカでは料理を全くしない方がたくさんいます。アメリカのアパートの中には、料理をする方には部屋を貸さないアパートなどもあり、キッチンはただの飾りになっている家庭も多いのです。
また、アメリカ人はバーベキューが大好きです。肉類の価格が安いアメリカでは、庭やベランダ、駐車場、公園などを利用して、よくバーベキューを楽しんでいる姿が見られます。

ドリンク
アメリカのファーストフード店でドリンクを頼んだ時に、Sサイズを頼んだはずがLサイズくらいの大きさのドリンクが渡されたと言うのは、一度くらい耳にしたことがあるのではないでしょうか。
アメリカでのSサイズドリンクは、日本でのLサイズ程の大きさになります。そして、さらにアメリカのファーストフード店はほとんどがフリードリンクで、自由におかわりが出来ます。アメリカ人は、Lサイズのドリンクを買い、さらに帰り際に再度おかわりをして持って帰る方がいるくらいドリンクが好きなのです。

アメリカと日本の住宅の広さ
アメリカ人が日本に来ると、その住宅の狭さに驚きます。アメリカの戸建ての住宅はリビング・ダイニング・キッチンがとにかく広いのです。
しかし、今、アメリカの都心ではマイクロアパートと言う住居が注目されています。これは日本で言うワンルームマンションになります。費用が安く、部屋が狭いので物を取りに行くのも楽だと、意外と好評です。

新築と中古
日本の家屋販売は新築物件が多く中古はどちらかと言えば妥協して住む方が多くなります。しかし、アメリカの家屋販売は中古物件が中心になります。DIYも日本よりもはるかに活発で、改築して古い家にも住み続けます。積極的に中古の家に住んでいます。
この考え方は衣服にもあらわれ、アメリカでは日本よりもはるかにフリーマーケットが盛んで、安く服を購入している家庭が多くあります。

家庭

家では親が中心
日本の家庭は、子供が中心になりがちです。小さい頃は、親子で一緒に寝ますし、食事などに出かける時も基本的には子供と一緒に行動します。子供が出来ると夫婦二人で出かけることなどほとんどありません。
しかし、アメリカでは違います。夫婦で食事などデートに出かける場合は、当然のように子供は置き去りになります。もちろん一人で家に残すわけにはいきません(法律で禁止されています)ので、13歳未満の子供がいる場合はシッターに依頼します。また、赤ちゃんの頃から子供には一人部屋が与えられ、親子で寝ることはありません。泣きだしたらあやしには行きますが、添い寝等の習慣はありません。

人生観

ポジティブな人生観
アメリカ人はポジティブな方が多いと言ったイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。
確かに、アメリカでは自信や個性を皆アピールしているように思えますが、それはポジティブに振る舞っているだけです。なぜポジティブに振る舞うのかと言うと、ポジティブなのが美徳とされているからです。
日本人は謙虚なのが美徳です。しかし、心の中では実は真逆のことを考えていたりします。「あなた、料理上手ねぇ」「いえ、私なんてまだまだですよ(自信作だったものね♪)」、「息子さん、○○大学受かったんですって?頭いいわね」「いや、うちの息子なんて勉強が少し出来ても他のことはまるっきりで。おたくの娘さんの方が、家のことをしっかり手伝って、優しい良い娘じゃないですか(頭の良い、自慢の息子なんだけどね♪)」などの会話、身に覚えがある方が多いのではないでしょうか。
それと同じで、アメリカ人もポジティブに見えて心の中はネガティブだったりするのです。
アメリカと言っても、とても広いのでやはり住んでいる地域によって人生観が変わって来ます。東海岸に住んでいる方よりも、西海岸に住んでいる方の方が陽気です。日本で言うなら北海道の方と沖縄の方で比べてみると分かりやすくなります。また、日本と同じで田舎に住んでいる方ほど純朴です。

多様な価値観
人それぞれに物の価値観が違います。ただし、日本ではほとんど日本人ばかりの中で生活をしていますので、他民族の価値観と言うものが良く分かっていません。また、他民族の風習も良く分かっていないため、他民族(外国の方)と会話をした際に理解出来ないと頭を痛ませる方もたくさんいます。
しかし、アメリカは多種多様の人種が暮らしています。そのため、他民族との価値観や習慣が違うことを良く知っています。アメリカでは田舎に行けば行くほど肌の色などで差別を受けることになります。日本では肌の色で差別をするなど経験がないのできっと戸惑われることでしょう。アメリカの中の多くの白人は、どの人種よりも白人が一番優秀で価値があると思い込んでいます。