アメリカの時差について|エスタ申請代行サービス[ESTA USA]

グレートトラベル
受付時間/10:30~17:00
定休日/月・火(祝祭日を除く)

お支払いはクレジットカードとなります
VISA / Master Card / JCB

アメリカ入国に先だって、必ず申請と取得が必要になる『ESTA(エスタ)』。
このサイトではどなたでも日本語で楽々、『ESTA(エスタ)』を申請出来ます。

アメリカの時差について

アメリカ本土は日本の約25倍もの広い国土を有するため4つの時間帯に分かれています。時間は州ごとに分かれており、一部では東半分は東部標準時、西半分は中部標準時と、州の中で時間が分かれている州もあります。

東海岸標準時(Eastern Standard Time)

アトランタ/インディアナポリス/デトロイト/ニューヨーク/フィラデルフィイア/ボストン/マイアミ/ルイビル/ワシントン

●日本との時差

14時間 ●日本時間 - 14 = 現地時間 ※サマータイムの際は-13時間

中西部標準時(Central Standard Time)

オクラホマシティ/カンザスシティ/シカゴ/セントルイス/ダラス/ニューオリンズ/ヒューストン/ミネアポリス

●日本との時差

15時間 ●日本時間 - 15 = 現地時間 ※サマータイムの際は-14時間

山岳部標準時(Mountain Standard Time)

エルパソ/ソルトレークシティ/デンバー/フェニックス

●日本との時差

16時間 ●日本時間 - 16 = 現地時間 ※サマータイムの際は-15時間

太平洋標準時(Pacific Standard Time)

サンフランシスコ/シアトル/ポートランド/ラスベガス/ロサンゼルス

●日本との時差

17時間 ●日本時間 - 17 = 現地時間 ※サマータイムの際は-16時間

アラスカ

アンカレッジ/ジュノー/ノーム/ヤクタット

●日本との時差

18時間 ●日本時間 - 18 = 現地時間 ※サマータイムの際は-17時間

ハワイ

ホノルルetc

●日本との時差

19時間 ●日本時間 - 19 = 現地時間 ※サマータイムの際は-18時間日本がam8:00の場合現地はam1:00

●サマータイム

アメリカではサマータイムをデイライト セービング タイム(daylight saving time)『昼間の光を節約する時期』と言います。サマータイムは、時計を1時間早め、早く仕事を終わらせ帰宅し家族との時間を長く持ち、アフターファイブを有効に使うという意味があります。サマータイム以外の冬タイムが基本の時間帯になります。

●アメリカへ行くと得しちゃいます

日本とアメリカの時差は17時間もあります。
例えばロサンゼルスへ行く場合、約9時間のフライトがありますが、ロサンゼルスには日本を出た日の早朝に到着するため、時間が戻った気分になります。その分、時差ボケが強く感じられる事もありますので、無理をせずゆっくり身体を慣らしましょう。

■時差ボケ(時差障害)の解消法の豆知識

  • 飛行機等に乗り3時間以上の時差がある場所へ行った際の不眠や過眠。
  • 旅行後1〜2日の間に全身がだるくなったりする。

などの症状が出ますが病気ではありません。
自然と解消されるものですが、体調が優れない場合はゆっくりと休養しましょう。

●渡米する前

●アメリカに着いたら

●日本へ帰国