アメリカ渡航ニュース|エスタ申請代行サービス[ESTA USA]

グレートトラベル
受付時間/10:30~17:00
定休日/月・火(祝祭日を除く)

お支払いはクレジットカードとなります
VISA / Master Card / JCB

アメリカ入国に先だって、必ず申請と取得が必要になる『ESTA(エスタ)』。
このサイトではどなたでも日本語で楽々、『ESTA(エスタ)』を申請出来ます。

【エスタUSA】 アメリカ渡航ニュース

いよいよ明日から本格的な年末年始連休がスタート!

2017-12-29

あっという間に今年も残りわずかですね。
今日で2017年のお仕事納めという方も多いはず★
今年はアジア地域を中心に海外旅行者数が例年より増加する予測もあり、
出国ラッシュがピークを迎えようとしています。

海外で年末年始を過ごされる方は、出発先の治安情報を事前に確認し
安全に旅行を楽しんでくださいね♪

2017年のノーベル平和賞が核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に決定!

2017-12-10

2017年のノーベル平和賞受賞が決定し、これまで各国政府に
核根絶を長年訴えてきた「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」が
受賞しました!
「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」の主なメンバーの一人である
日本人・サーロー節子さんは1945年に広島で被爆した体験を
世界中で語り継ぎ、核廃絶の訴えを広めてきました。
日本は世界で唯一の被爆国として、今後も核の脅威と平和の尊さを
訴え続けなければいけないと改めて認識する、歴史的な受賞となりました。

紛失・盗難パスポートの外国での不正利用が多発!

2017-11-24

海外で日本国パスポートの偽証・不正利用が多発していると
外務省に報告が上がっています。
パスポートは国が発行する公的な国際的身分証明書の為、
パスポートを盗み悪質な犯罪に流用されることが多く発生しています。
海外旅行の際や空き巣被害等でパスポートの紛失・盗難にあった場合は
早めに日本国大使館に連絡をしてください。

パスポートの有効期限を確認して旅行に行きましょう!

2017-11-06

海外旅行の際、渡航先の国によって求められるパスポートの有効期間
が異なりますので、必ず事前に確認し、期限が足りない場合は
パスポートの更新を早めに行いましょう!

北朝鮮など警戒地域への渡航について

2017-10-23

先月9月1日にアメリカ政府はアメリカ人の北朝鮮渡航禁止を発表しました。アメリカ人学生の北朝鮮による強制収容、その後帰国して死亡した事件を踏まえ、警戒を強め緊張感が高まっています。日本政府は国民に対して北朝鮮への渡航禁止は発表していないものの、今後渡航の際は厳重に注意し、事前に警戒情報など確認することをおすすめいたします。

パスポート切替と一緒にESTAの再登録もお忘れなく!

2017-10-06

ESTAは有効期限であっても、パスポートが切り替わった場合必ず再度ESTAを取得する必要があります。
女性の場合、結婚を機にパスポートが変わる方も多いと思いますのでアメリカ渡航前は十分気を付けてください。

大使館面接時のビザカテゴリーを正しく入力してください!

2017-09-18

アメリカ大使館でビザ取得の面接を予約する際、正しいビザのカテゴリーを選択するようにご注意ください。
間違ったカテゴリーを選択し予約をした場合、新たに申請の料金を支払わなければならない上、面接予約も再度取り直しとなります。
予約登録の際は必ずカテゴリーを確認してください。

巨大ハリケーン・ハービーが襲ったアメリカ・テキサス州災害支援

2017-09-01

先月8月に巨大ハリケーン・ハービーがテキサス州を襲い、多くの家屋が失われ、死傷者も多数発生する大災害となりました。
被災された方々の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます

今回災害に遭われた方々に支援する方法について、現在下記URLで米国連邦緊急事態管理庁(FEMA)が公開しています。
世界中で災害支援の輪を広げていきましょう。

▼How to Help Disaster Survivors in Texas – Federal Emergency Management Agency (FEMA)
https://www.fema.gov/news-release/2017/08/29/how-help-disaster-survivors-texas

外務省ホームページの『外務大臣コーナー』をご紹介!

2017-08-16

2017年8月3日より、第3次安倍新内閣が発足しましたが、
外務大臣も前任の岸田外務大臣に代わり河野太郎外務大臣が
新しく任命されています。

外務大臣は、日本と諸外国の外交政策を取り仕切る非常に重要な役割を果たしています。
普段どのような外交上の任務を果たしているのか、外務省のホームページ内に
外務大臣コーナーがありますので、ぜひご興味がある方はご覧ください!

外務大臣のコメントが直接掲載されいたり、重要な国際会議の様子もYoutubeなどを通して
閲覧することができます。

詳しくはこちら▼
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/gaisho/tkono/index.html

ビザ申請時に提出する証明写真にご注意ください。

2017-08-04

現在夏のシーズンはビザ申請の繁忙期となっています。
学生から大人まで申請数が非常に多くなりますので、
お早目の準備を行ってください。
また、ビザ申請に提出する証明写真ですが、取り扱い不可となる場合が
有りますので、下記内容に該当していないか今一度ご確認下さい。


【受付不可の写真】
・背景が白以外
・眼鏡をかけている
・撮影より半年以上経過している
・顔に影がかかっている
・髪の毛が目にかかっている

万全に準備を整えて、ビザ申請を行うようにしましょう。

ESTA申請の偽サイトの報告が発生

2017-07-28

現在夏休みに合わせたESTA申請が増加しておりますが、
アメリカ大使館のESTA公式サイトの偽造サイトが報告されています。

通常ESTAを申請した場合、申請料は$14のみとなっております。
これ以外の費用を請求された場合は直ちに申請を取りやめ、関係機関への
報告をお願いします。
尚、アメリカ大使館のESTA公式サイトは以下URLです。
偽サイトにはくれぐれもご注意下さいませ。
https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html
*日本語での表示、申請登録が可能です。

※尚、弊社では代行申請費用を含め【5,000円(税込)】となっております。
 申請は公式サイトより行っておりますので、ご安心くださいませ。

いよいよ7/4火曜日はIndependence day!

2017-07-01

7/4は一年を通しても大きな祝日である『Independence day(アメリカ独立記念日)』です!アメリカ各地で大規模なイベントや花火が上げられる予定となっており、アメリカ国民は家族で終日過ごす大切な祝日となっています。
大規模な花火が上がる地域では、その区域の飛行が制限されるため、フライトが変更になる可能性もあります。アメリカの地域で飛行機をご予約されている方は、事前に情報を確認してくださいね!

アメリカ大使館で学生ビザデーのイベントを開催!

2017-06-28

6/28は「学生ビザデー」という事で、アメリカ大使館においてイベントが開催され、アメリカ留学予定の大学生49人がビザ面接終了後に参加しました。
トリビアクイズやマルゴ・キャリントン広報・文化交流担当公使によるアメリカ留学の重要性の講話など、様々なイベントを通して学生たちで盛り上がりました。また、アメリカ人のインターンよりアメリカの大学のキャンパスライフについても紹介され、日本人学生との交流も楽しみました。

学生でもお給料をもらいながら働ける夏休み限定プログラム!

2017-06-08

皆さま、『サマー・ワーク&トラベル(SWT)プログラム』を
ご存じでしょうか。
米国務省が認定している、夏休み限定のアメリカの大学に
留学している生徒を対象に、アルバイトの労働を認めているプログラムです。

語学だけではなく、キャリアアップの経験を得ることを目的に
開催しています。
『Jビザ』の取得が必要となりますが、ぜひご興味のある方は
夏休み限定でぜひ挑戦してみてください!

ホノルル空港が日系の名称に改名?!

2017-05-26

ハワイ州は4月27日、ホノルル空港が『ダニエル・K・イノウエ国際空港』に
改名されることを発表しました。
ダニエル・K・イノウエ氏は、第2次世界大戦で活躍した日系人部隊の一員で、
戦後は日系人初としてアメリカの上院議員に当選し、
ハワイを始め、アメリカの発展に貢献した人物として
国民に広く知られています。

この度、日系人の名前がハワイを代表する空港の名前として
採用されたことは、日本人である私たちにも親しみのある、
また誇らしい出来事ですね。

グリーンカードの抽選(DV2018)結果発表開始!

2017-05-03

毎年米国国務省で行われる、グリーンカード(アメリカ永住権)の
抽選プログラム(Diversity Immigrant Visa Program)が
本日より2018年度発給分において抽選結果発表が開始されました。

こちらは、2016年11月7日までに応募された方が対象となる為
抽選に応募していなかった方、または今回惜しくも抽選に
漏れてしまった方は、今年10月に2019年度分で再度チャレンジしてみてください!

5月の大型連休に向けた渡航注意喚起

2017-04-28

明日から早い方は大型連休に入られる方も多いのではないでしょうか。
GWは毎年多くの方が海外旅行に行かれる渡航ラッシュシーズンとなります。
渡航先によっては、最近相次ぐテロ事件の発生近隣諸国に該当する場合も
あります。

渡航前に、ぜひ一度渡航先安全情報を確認し、危険な場合は
事前に確実な情報を入手して慎重に渡航をしてください。

渡航先の安全情報は、外務省の下記URLよりご確認ください。
http://www.anzen.mofa.go.jp/

ESTA申請の際にパスポートの有効期限に注意!

2017-04-07

ESTA申請は、基本的に承認日より2年間有効となりますが、
あくまでパスポートの有効期限内となっています。
もしパスポートがESTA申請後2年以内に無効となる場合、
再度ESTAの申請が必要になりますのでご注意ください。

尚、パスポートの更新は、必ず有効期限内に手続きを行わなければ、
更新ではなく、新規でのパスポート作成となります。

パスポートは更新後約1〜2週間で発行されますが、
お早めにお手続きください。

アメリカ旅行での入国審査に関する注意点

2017-03-20

アメリカ旅行の際、入国審査カウンターにて渡航目的を質問されます。
ESTAは『観光ビザ』となりますが、最近入国審査が厳しくなっており、
入国を拒否されるケースも発生しています。
そもそも入国を拒否される場合は、観光目的以外の下記内容での渡航を
認識された場合となります。
 ・母国に帰国する意志がなく、アメリカに永住すると認識された場合
 ・会社経営者ではなくでも、社員として営利な活動をすると認識された場合
 ・麻薬や不法取引、その他法律を犯す違法行為があると認識された場合
入国審査では、必ず『観光が目的です(vacation)』とお答えいただき、
上記内容に該当しない証拠として帰国の航空券をご提示いただくことをおすすめいたします。

※再発令※ アメリカ大統領令による入国禁止を伴う重要な変更

2017-03-10

今年1月に発令したテロ対策を目的とした一部国籍者の入国禁止措置。
全世界で様々な論争が起こりましたが、アメリカ合衆国のトランプ大統領は
今週2017年3月6日(月)に新たな入国防止措置を盛り込んだ
大統領令を発令しました。

イラン、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメン国籍の保有者は
2017年3月16日(木)以降のビザ発給・入国に関して制限されることが
決まりました。
アメリカ国内の州によっては、裁判所で本大統領令が不当であると訴訟を起こす動きが
報道されていますが、今後何らかの変更が発生する可能性もあります。
上記国籍の方はアメリカ渡航に際して必ず最新情報を確認下さい。

▼詳しくは米国合衆国 国務省ウェブサイトをチェック
https://travel.state.gov/content/travel/en/news/important-announcement.html

外務省より『春の海外安全強化月間』開催

2017-02-26

春休みの旅行シーズンを前に、外務省では3月1日より
『春の海外安全強化月間キャンペーン』を実施します。

成田空港や京成スカイライナーなどの交通機関でオリジナルCMを
放映するほか、簡単な会員登録で渡航先の最新安全情報が
メールで届く「たびレジ」も促進しています。

安全な海外渡航の為に、皆様もぜひ一度ご覧ください。
詳しくはこちらをご覧ください▼
http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/tabireg_campaign.html#ad-image-0

外務省運営 海外安全ホームページ メールサービス終了のお知らせ

2017-02-10

昨年末平成28年12月31日をもって、外務省が運営していた
『海外安全ホームページ メールサービス』が終了しています。

それに伴い、このメールサービスを装った迷惑メールの報告も
多数寄せられているとの事でご注意ください。
迷惑メールはフリーメールアドレスから送られてくるもので、
メール内に外務省発信の最新情報を装ったリンクが
貼付されているそうです。
もしこのようなメールを受け取られた方は、すぐに削除するよう
気を付けてください。

お問合せ、発生の報告はこちら▼
外務省領事局海外邦人安全課総務班
TEL:03-3580-3311(内線:5142)

アメリカ大統領令による入国禁止を伴う重要な変更

2017-01-31

アメリカ合衆国・トランプ大統領は、2017年1月27日にテロ対策を前提に
大統領令を発令し、今後90日間イラク、イラン、リビア、ソマリア、
スーダン、シリア、イエメンの国籍を有する一般市民を含め、
入国を制限することを決めました。
現在すでにアメリカ国内に居住し、永住権を保有している
対象者は例外となりますが、難民の受け入れも拒否する形となり、
世界中で大きな混乱を巻き起こしています。

アメリカ渡航の際は、最新情報を入手の上渡航されることをおすすめいたします。

Facebookで外務省の最新情報を入手

2017-01-13

外務省が発信するFacebookページでは、
世界各国と日本の動きについて、最新情報が入手できます!

日本がまさに今行っている海外との提携や
岸田外務大臣の世界への動きなど、普段テレビで見る
世界経済との連携だけではなく、各国の市民を交えた
国際交流を垣間見ることができます♪

海外渡航前に海外の最新情報をチェックして、
安全に旅に出かけてください!

外務省のFacebookは『@Mofa.Japan』で検索してください!